FC2ブログ
09
2
3
6
7
8
10
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Archive : 2011年09月05日

概念の壁

2011
09/05
*Mon*
Category:ヒーリング
ちょいと前のお話になります。

7月は体調を崩しまくっておりましたがゆえ、

8月は自分と向き合って心の声をもう一度聞きなおそうと思っておりました。


心の声が聞こえていない時に気付いたこと。

怒っている人が周りにたくさんいました。

そして、その人々は「~するべきでしょう!!」「~しなきゃいけないでしょう!!」

という言葉を多用していたこと。


・・・ってことは。。。。

私も知らず知らずのうちにそうなっていたってこと

概念の塊になっていたんだなあ。。。



その概念についてまた考えていたところ、先日神様のカルテという映画を見たのを思い出しました。

映画の内容もさることながら、映画中で流れる音楽がとても素晴らしかったのです。

その音楽は、あの盲目のピアニスト辻井伸行さんが担当したものでした。

この映画をご覧になった方はご存知かと思いますが、

長野県の松本市を舞台にした映画だったのですが、北アルプスの景色が本当に綺麗なのです。

その雄大な景色とぴったりマッチする音楽を創ったのがあの辻井さんだったのです。

今夜仕事から帰ってからTVを付けると丁度その“神様のカルテ”の曲を創っている

辻井さんの特集をニュースでやっていました。


映画で使われている壮大な北アルプスの景色をスタッフの方が

「あれ、北アルプスね」とか説明をされていらしたのですが、

産まれてから全盲の彼は“山”がなんなのか、どういったものかすら分からないはずなのです。

でも彼は「感じて」いたのです。全身で。

そしてその彼の素晴らしい感覚と指は、瞬時に美しい旋律を産み出して、

北アルプスの壮大な景色と映画の世界を見事にマッチさせていました


彼のご両親が、特にお母様が彼が小さい頃から色々な所に連れて行ってくれて、

色々なものを見せてくれて、感じさせてくれた、と彼は言っていました。


彼は物の形こそ触れば想像が付くかもしれませんが、

色を見たことがないので、赤がどういった色であるのか、青がどういった色であるのかでさえ

分からないと思います。

でも、だからこそ全てを「感じる」事ができるのでしょう。

そして、“山”はこう、“海”はこういったものという概念がないからこそ、

色々なイメージができてそれを音に変換できるのでしょう。


概念を外すと色々なものが可能性として広がって、それが現実になるのです。

心の目で見る”、そして感じる、これまた大切なことですな。



スポンサーサイト





プロフィール

まこねーやん

Author:まこねーやん
NYに8年間住んでおりました。
2009年日本に帰国し、
セラピスト活動を行う。

ヒプノセラピスト/
エステティシャン/
ASIACT認定オーラソーマプラクティショナー/
カラーセラピスト

日々自己探求に勤しみ、
さまざまなヒーリングを体験、
模索し,ヒプノに辿り着き、
自分の人生変革に勤しむ。

座右の銘は”楽しんだもん勝ち”



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

ヒプノセラピー (99)
NYについて (24)
未分類 (31)
まこねーやん (37)
お友達 (19)
レストラン (2)
ヒーリング (41)
映画 (5)
ひとりごと (21)



FC2カウンター

いらっしゃいませ~。あなたは何人目?



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © まこねーやんのヒプノ的生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・