FC2ブログ
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

どうしても惹かれてしまうのです。。。

2009
01/29
*Thu*
わたくし、職業柄か結構凝り性で、一度気に入ったものや、好きになったもの、
気になったものにはかなり時間をかけて集めたり、探したり、調べたりします。

そんな中に、読書というものがございますが、
一度はまった作家の本を殆ど読破したり、短期間の間に、
そのお気に入りの作家の本が一気に増える事があります

そしてまこねーやんの中で再ブレーク中なのは、浅田次郎氏の作品。
か~なり昔、鉄道屋(ぽっぽや)が流行った頃に一度読んでみたのですが、
みんなが言うほど感激もしなかったので、
そのままず~っと月日が流れ、ふとしたときに彼の著作の別の作品を手に取ったのです。

いやあ。。。。。嵌りました。そしてまたこの1年どっぷり浸かっております。
浅田氏を評して「平成の泣かせ屋」という言葉があります。
著作を多く出していれば出しているほど、
同じ作家さんなので、言い回しや表現、伝えたいこととかが決まってきて、
”また似たような感じ”がある感は否めないのですが、
あったかいんですよ。登場人物も、お話の内容も。
そして登場人物が格好いい。

おそらく浅田氏は家族が大好きなんですね。
で、お父さん、お母さんからの心からの愛情や、親から子供への愛情、
そしてその愛情を欲しがっている子供の心と、両親や家族に対する愛情を
表現するのがとても上手なんです。
更ににゃんこ好きという点でもお気に入り。

そして、爆笑したり、感心したり
そして、毎回、殆ど間違いなく”ほろり”とさせられます。
そして、何度となく嗚咽するほどの”号泣”も経験いたしました。

つい先日も、本を読みながらぼろぼろ涙が出てしまった私は、
何でかなあ。。。。似たような表現は一杯あるはずなのに。
・・・と思って、その箇所を読み返してみたら、
”これにやられていたのね”っと再確認するところがございました。

人間は人間である限り、決して親を憎んではならない。
例えどのような親であろうとも、決して親を憎んではならない。
親に対する恨み憎しみは、己の血を蔑むことだ。
己を蔑めば、人間はただの一人も生きてはいけない


これは文字通りの意味もあるかとは思いますが、
自分自身の経験と重ね合わせてみて、親に対する尊敬のなさや、
いつの間にか芽生えた心の奥底にあった親に対する薄暗い感情が、
自分の自信のなさに繋がり、自分を大切にしていなかった日々が
フラッシュバックしてきました。

”何でこんな親の元に産まれてきたんだろう。
何で普通の人より苦労して生きてるんだろう。
何で普通の人は親から一杯与えられているのに、
何で私達は親から殆ど与えられる事がないんだろう。
何かを与えられるだけの価値がないんだ。
私なんて。自分なんて。こんな私が生きている意味があるのだろうか。。。。。”

な~んてな重~い思いを結構な長い時間抱え込んでおりました。
あほなあたくし。
本当に親から何も与えられていなければ、今頃生きてはいないって。

だから、ヒプノをお勉強して、親に対する尊敬や敬愛の念や、
自分に対する自愛の念があったことに気付くまでのまこねーやんはある意味、
生きているようで、生きていなかったのです。

そーんな私だったので、
浅田氏の本を読むと必ずといって良いほど涙ぐむし、
嗚咽付きの号泣までいたしてしまうのですわ。。。
その意味がわかったのが、ついこの間読んだ本に上記の回答を見つけたときです。
それにシンクロするように、先日オプラの番組で子供の心の叫びを聞きました。

これはシンクロだと気付いて、
このシンクロに何の意味があるのか、
神様は何を伝えたかったのか。

そーいや、お友達のS嬢もママと自分との思いがうまく行き来してないと
言ってたなあ。。。これもシンクロか。。。。

そう。親は子供を愛しているし、子供もまた親を愛している。
例えその親がどんな親であっても。
例えその愛がどんなに変形していても。
どうして愛して良いのかお互いに判らなかったり、
知らなかったり、思い出せなかっただけ。

ところがどっこい、ヒプノで思い出せちゃうのよね
今までの、問題となる事が起こった時の自分の感情や、
その時の親の感情までも。
驚くくらい鮮明に。はっきりと。

何故この日に何故このブログを書いたのか。
ここ2-3日の流れがあって、ここに辿り着いた、自然な流れ。

改めて親に対する感謝の気持ちを今日という日に込めました。


お母さん、お誕生日おめでとう。
そしていつもありがとう


ヒプノセラピーのお問い合わせは
aphrodite0719@live.jpまでどうぞ~。
スポンサーサイト




COMMENT

いや~~、まいった~。まこねーやん さん。
>ここ2-3日の流れがあって、ここに辿り着いた、自然な流れ。
私も、です。正確に言うとここ半月くらいでしょうか(*^_^*)

母に対する思い、少々感じておりました。
少々だと思い込んでいたんですが・・・。
ブルーの言葉以下、特に心に沁みました。

スイッチが入ったことがあり、そしてたどり着いた感。
ありがとうございます。

まこねーやん さんのお母さん、お誕生日おめでとうございます。
私の母は7月生まれなんです。
2009/01/30(金) 09:05:04 | URL | kayo-s #- [Edit
来た来た~!!
ほら、ね。
繋がってるでしょ~?

今日はこのブログを書いたお陰で、一日中子供の頃のこととか思い出していました。
そして丁度電車の中で読んだ本の中の一言で、
「子供が親を好きなのは当たり前だ」とさらっと書いてありました。

そーよねー。。。と、また考えさせられました。

 と、このコメントを書いていたら、親から電話が
かかってきました。
どれだけシンクロしてんでしょうねえ。。。。

ちなみに、私の誕生日も7月です。

2009/01/30(金) 21:18:27 | URL | まこねーやん #- [Edit
ほ~
いいですね。私も読んでみようかな?
2009/01/31(土) 22:33:12 | URL | Reimi #T61DVtR6 [Edit
そーなんです。
最近嵌っている本が、バリバリの江戸っ子べらんめえ口調で書かれている本なので、どーしても語尾にぽろっと出そうになって困っておりますが。。。

軽い内容の中にいろいろと考えさせられるものが
多いです。。。
2009/02/01(日) 02:35:20 | URL | まこねーやん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

まこねーやん

Author:まこねーやん
NYに8年間住んでおりました。
2009年日本に帰国し、
セラピスト活動を行う。

ヒプノセラピスト/
エステティシャン/
ASIACT認定オーラソーマプラクティショナー/
カラーセラピスト

日々自己探求に勤しみ、
さまざまなヒーリングを体験、
模索し,ヒプノに辿り着き、
自分の人生変革に勤しむ。

座右の銘は”楽しんだもん勝ち”



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

ヒプノセラピー (99)
NYについて (24)
未分類 (31)
まこねーやん (37)
お友達 (19)
レストラン (2)
ヒーリング (41)
映画 (5)
ひとりごと (21)



FC2カウンター

いらっしゃいませ~。あなたは何人目?



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © まこねーやんのヒプノ的生活 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・